【お中元】取引先に喜ばれるお中元5選

厳選特集

お中元とは

中元 (ちゅうげん)は、 道教 に由来する年中行事で、 三元 の1つ。 もともと 旧暦 の 7月15日 に行われていたが、現代の 日本 では 新暦 の 7月15日 または 8月15日 に行われる。 この時期に、世話になった人々に贈り物をする習慣を特に お中元 とも呼ぶ。

第5位 北海道ジェラート専門店!1日1200名を超える人気店!【GELATERIA GELABO】(22-0617)

旬のくだものを丸ごといちばん美味しい瞬間とじこめて。

ひんやり、とろ~り、あまい。
春・夏・秋・冬
旬のくだものや食材をまるごとそのままとじこめて。
舌先にのせれば素材の濃厚な香りが広がる。
「果物の質にこだわり、手間を惜しみなくかけたジェラート」
味にこだわるからこそ胸を張って言えます。

第4位 上質でまろやかな味わい!厳選された極上の但馬牛・三田和牛専門店【ミート・マイチク】(14-0930)

当社ミート・マイチク仕入れ担当の米田が三田食肉畜産公社に直接足を運び、三田和牛を一頭丸ごと買い付けており、「食べて旨い肉を売る」をモットーに買い付けを行っています。 当社ミート・マイチクは「雌牛」「脂の質・肉質」「生産者の肥育する和牛の血統」の3点を特に重視し、自ら枝肉を目利きしております。

普通当社のような小売店は食肉問屋から商品を仕入れるのですが、自分たちがお客様に提供する商品を電話一本で発注し、そのまま販売することに疑問を感じ、「本当に良い牛を売りたい!」という熱い想いのもと、仕入れ担当者が自ら枝肉卸売市場に足を運んでおります。
なぜ当社が「雌牛」にこだわるのかと申しますと、雌牛は「脂が柔らかい」という特徴が挙げられます。柔らかい脂は人肌で溶け、口当たりがよく、肉の香りがたつため、非常に食べやすいという特徴があるのです。
そのため、当社は三田和牛に関しては「雌牛のA4~A5ランク」のみを取り扱っております。
「脂の質・肉質」でこだわる点ですが、「脂の質」に関しては、当社は“軟脂”にこだわります。

第3位 オホーツクのグルメを中心に心を込めて自慢の味覚をお届けします!【北海道網走水産】(16-0323)

当社は設立以来、「オホーツクの海の幸を全国の食卓に」を合言葉にして参りました。より新鮮な食品を産地直送で皆様の食卓へお届けし、食の感動を覚えて頂ければ幸いに存じます。
我々従業員一同、よりよい品物を、そしてお客様にとってより快い対応を心掛け職務に専念致しております。どうぞ今後とも皆様のご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。

水産会社ならではの品質

オホーツクの豊かな海に育まれた海産物を中心に、北海道各地より新鮮な蟹や魚介類を買い付けご提供いたします。 取り扱う商品はどれも、当社の目利きバイヤーが厳選した「安全」で「安心」して「美味しさ」をお楽しみ頂けるもの。自信を持ってお届けいたします。

300種類の品揃え

網走水産では、お客様に北海道の味覚を数多く楽しんで頂きたいとの想いから、次々と新しい商品をご提供してまいりました。 気が付けば、取り扱い商品は300種類を超えました。これからもたくさんの「美味しい」をお届けしてまいります。

第2位 海の台所【和田珍味】自慢のうまいもん(09-0417)

和田珍味のふぐ味醂干はどう違うのか?

和田珍味のふぐ味醂干で使用するふぐは国産天然物だけです。
和田珍味は国産天然物にこだわり決して輸入物は使用しません。国産にこだわる理由は、鮮度が良く扱いが丁寧だからです。素材の良し悪しはふぐ味醂干にダイレクトに影響します。良質な素材の旨さを大切にしているからこそ、皆様に愛される絶品のふぐ味醂干ができるのです。

第1位 京都ならではの味わいを贈り物にしませんか?(21-0125)

ニシダやの創業者 辻村安右衛門は、明治44年8月10日、滋賀県野洲郡中主町にて小作農の長男として生まれました。
9歳の時に両親と死別した安右衛門は、 京都東山今熊野神社前にある「西田青果店」に丁稚奉公に出ます。
そして昭和11年 27歳の時、青果業以外の商いをする約束で暖簾分けの許可をもらい独立、「西田青果店」の「西田」を継承して「ニシダや」を創業しました。

安右衛門は漬物業を主に研究を重ね、その中でオリジナル商品「しば漬風味 おらがむら漬」を完成させました。
これは大原名産のしば漬にヒントを得て、本来茄子が主であったものを胡瓜にチェンジさせたお漬物で、今ではニシダやを代表する商品となっています。

まとめ

本来お中元の正式なマナーは、贈り先様宅に訪問して手渡しする渡し方ですが、最近では、配送する方

法に切り替えている方が増えているようです。そのためいざ贈る側になり手渡しする場合、いつどうや

って渡せば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。贈り先さまを気遣う気持ちがあれ

ば難しいことではありません。ぜひこの機会に手渡し方やマナーについてチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました